審美歯科でできること

歯を美しく見せるために受けられる治療が審美歯科で、方法は一般的に自分の歯を削るか削らないかで分けられます。

削らないと判断した場合は、表面についた黄ばみや汚れを落とすために用意された薬物を使うホワイトニングがあります。

毎日新聞を知りたいならこちらです。

削っても良いと決定した場合は、歯の表面にラミネートベニアといった白い材料を埋め込んだり被せたりする方法があります。
健康保険を使用すれば見た目は悪くとも銀歯などが利用でき、この見た目をさらに良くするために金歯や客観的に見て違和感のない歯を作ることを審美歯科は行います。

つまり、審美歯科は健康保険で適用されない治療を目的として、口内を美しく見せる手法のひとつです。

実は審美歯科という正式な診療科目はなく、歯科が審美をする病院であると名乗ればその通りになってしまうのです。

そのため、一般歯科と併記して名乗る歯科が多く、審美のみを行っている医院というのは基本的に存在しません。



そのため、審美歯科と書かれていても通常の虫歯の治療を受けることもでき、歯に詰め物をする時に審美目的で目立たないようにするか、あるいは健康保険で見た目は気にせず治療だけを受けるかを選択することができます。

また、歯の生え方が悪く矯正をする必要がある場合には、審美目的とは異なるため専門の科目となる矯正歯科で治療を受けることになります。



ただし、歯並びを美しく見せるという目的なら治療ではなく審美目的ととられるので、健康保険が適用されないこともあります。